琵琶湖博物館B展示室「収蔵庫をのぞいてみよう―近江の信仰―」を開催中です

琵琶湖博物館では、B展示室において「収蔵庫をのぞいてみよう―近江の信仰―」として、館蔵品を中心に姿を変えて人々の信仰や人気のあったものの史料を紹介しています。

江戸時代の人びとに龍と信じられていたゾウの骨の絵図(『伏龍骨図並序』文化2(1805)年)をはじめ、比叡山延暦寺の中興の祖であり、中世以降「厄除け大師」として民間信仰が篤い元三大師にまつわる各種護符、大津絵の人気画題の「鬼の念仏」(『東海道名所図会 巻一』)をご覧いただくことができます。

資料提供PDFはこちら