樹冠トレイル工事日誌 32

森のトレイルも工事中

琵琶湖へ向かってまっすぐに伸びる丸子船トレイルは、もうすぐ完成します。その一方で、もう一つの遊歩道「森のトレイル」の工事も着々と進んでいます。トレイルの骨組みの上には床板が設置され、その上に登らせてもらいました。

屋外展示の森の植物と生き物を目の前で観察してもらうため、「森のトレイル」は、木々の中をぬうように設置されています。そのため、森の中などの狭いスペースにも設置ができ、自然環境への影響も少ない特別な工法で作られています。

写真の奥の作業員さんが立っている場所は、「鳥の目デッキ」と名付けた、樹冠トレイルの中で最も高い場所にある展望台です。その高さは約10m。鳥の気持ちになって、琵琶湖と森を感じてみてください。