橋本 道範(はしもと みちのり)

メールアドレス
hashimoto-michinori△biwahaku.jp
※メールを送付される場合には、メールアドレスの「△」を「@」に変えてください。

専門分野 <歴史学>
1) 日本中世における「水辺」の生業と村落について
2) 日本中世におけるフナ属の消費について
3) 日本中世における正義とは何か

研究のキーワード
日本中世 環境史 水辺推移帯(エコトーン) 村落 地域社会 生業 漁撈 消費

入手しやすい著作物
•橋本道範,2016,日本中世における「水辺」の支配―播磨国矢野庄の「河成」をめぐって―,歴史地理学,58-1,東京:75-90.
•橋本道範,2016,中世菅浦の漁業権―応永四年「堅田証状」の再検討―,滋賀大学経済学部附属史料館紀要.49,滋賀:69-84.
•橋本道範,2015,日本中世の環境と村落,思文閣出版,京都:全450頁.
•橋本道範,2012,堅田漁師の歴史.滋賀県編『琵琶湖ハンドブック改訂版』,滋賀県,滋賀:88-89.
•橋本道範,2011,資料情報のネットワーク化.八尋克郎・布谷知夫・里口保文編『博物館でまなぶ―利用と保存の資料論―』,東海大学出版会,神奈川:99-113.
•橋本道範,2011,七〇〇年前の魚と人との関係―奥嶋の漁撈1―.滋賀県立琵琶湖博物館編『生命の湖 琵琶湖をさぐる』,文一総合出版,東京:152-153.
•橋本道範,2011,魚道の掌握―奥嶋の漁撈2―.滋賀県立琵琶湖博物館編『生命の湖 琵琶湖をさぐる』,文一総合出版,東京:154-155.
•橋本道範,2011,殺生をめぐる葛藤―奥嶋の漁撈3―.滋賀県立琵琶湖博物館編『生命の湖 琵琶湖をさぐる』,文一総合出版,東京:156-157.
•橋本道範,2009,平安時代末期・鎌倉時代の邑久.邑久町史編纂委員会編『邑久町史 通史編』,瀬戸内市,岡山:199-240.
•橋本道範,2008,鎌倉幕府の裁判.大山喬平編『中世裁許状の研究』,塙書房,東京:57-69.
•橋本道範,2008,鎌倉幕府裁許状の歴史的位置―対問・勘判を引用する裁許状の広がりに注目して―.大山喬平編『中世裁許状の研究』,塙書房,東京:165-225.
•橋本道範,2008,東寺の裁許と裁許状―権門における鎌倉幕府裁許状の構成の受容―.大山喬平編,大山喬平編『中世裁許状の研究』,塙書房,東京:487-506.
•橋本道範,2006,堀に囲われた集落の登場.『守山市史 歴史編』,守山市,滋賀:112-113.
•橋本道範,2005,楽しむ・発見する・発信する.『古代文化記録集 しまねの古代文化 第12号』,島根県教育庁古代文化センター,島根:58-68.横14-18.
•橋本道範,2001,魚と人の一万年―琵琶湖漁撈史―.『知っていますかこの湖を-琵琶湖を語る50章』,サンライズ出版,滋賀:245-250.
•橋本道範,1995,播磨国大部荘.石井進編『中世のムラ-景観は語りかける-』,東京大学出版会, 東京:97-108.