イベント情報

第10回琵琶湖地域の水田生物研究会

セミナー

第10回琵琶湖地域の水田生物研究会

 田んぼの生きものを研究する様々な人たちが一堂に会して、さまざまな研究成果を発表します。今年のミニシンポジウムのテーマは「田んぼにはなぜ多様な生きものがすむのか」

【ご案内】

「第10回 琵琶湖地域の水田生物研究会」を、下記の通り開催します。

  日時:2019年12月15日(日) 10:00~17:00
  場所:琵琶湖博物館 別館(会場を変更しました)
  主催:琵琶湖博物館
  共催:近江地域学会生きもの豊かな農村づくり研究会・日本生態学会近畿地区会

『プログラム』
  10:00    開会あいさつ、諸注意
  10:10~11:25 一般講演①(5題)
  11:30~12:20 ポスターセッション(12題)
  12:20~13:30 休憩
  13:30~14:30 一般講演②(4題)
  14:30~14:40 休憩
  14:40~16:50 ミニシンポジウム「 田んぼにはなぜ多様な生きものがすむのか 」
        話題提供:鈴木隆仁・中西康介・田和康太・嶺田拓也・大塚泰介
  16:50   閉会あいさつ
  17:00    終了

第10回 琵琶湖地域の水田生物研究会のプログラム・チラシ 

イベント情報

日時
2019年12月15日(日)10:00~17:00
場所
琵琶湖博物館 別館
対象
どなたでも (小学生以下は保護者同伴)
定員
160名(混雑時制限あり)
参加費
無料
申込方法
当日受付 随時 別館
共催
近江地域学会生きもの豊かな農村づくり研究会・日本生態学会近畿地区会