展示紹介

展示紹介トップへ

A展示室
A展示室

A展示室

湖の400万年と私たち 〜琵琶湖の自然と生い立ち〜

化石資料などの地学標本で、昔の琵琶湖をリアルに再現

ゾウの歯の化石

ゾウの歯の化石

琵琶湖の400万年にわたる生い立ちは平穏なものではありません。三重県伊賀市付近で誕生した湖は、時代とともに場所や形を変え、約40万年前に今のような姿になりました。長い間には気候変動もあり、湖だけでなく周辺の動植物相も大きく変化しています。

この展示室では、科学的な資料に基づいて、過去の琵琶湖とその周辺の環境を再現し、合わせて再現までの研究プロセスがわかるような展示を行っています。約200万年前の琵琶湖を再現したコーナーは、ジオラマの中を歩けます。大昔にタイムスリップしたような感覚を味わう事ができます。

ゾウの化石コレクション

ゾウの化石コレクション

琵琶湖のまわりからはたくさんのゾウの化石が見つかっています。大きさが4mにもなるコウガゾウをはじめとして、さまざまなゾウ化石が展示されています。琵琶湖で生きてきたゾウ達の、絶滅や進化のドラマを知ることができますよ。

滋賀の岩石

滋賀の岩石

滋賀の大地をつくっている様々な岩石を展示しています。私たちの足元に埋まっている、これらの岩石や地層を調べることで、琵琶湖地域の生い立ちがわかるのです。滋賀県の石である、湖東流紋岩類も見ることができます。

ゾウのいる森

ゾウのいる森

約180万年前の太古の琵琶湖の風景を再現したジオラマです。アケボノゾウの親子が、今では日本では見られないメタセコイヤの森で暮らしていた様子です。屋外展示に、実際の樹木を植栽し再現した、太古の森とあわせてお楽しみください。

研究室

研究室

琵琶湖と生き物の生い立ちを調べる、学芸員の気持ちになれる人気のコーナー。化石や地層から、大昔の琵琶湖の様子を復元するための研究を知ることができます。学芸員からのメッセージ電話や、引き出し展示などもかくされているので、探して見てくださいね。