ニュース

ニュース一覧へ

樹冠トレイル工事日誌 35

おとなのディスカバでブロンズオブジェの作戦会議

成安造形大学と協力した「樹冠トレイルアートプロジェクト」も、工事と平行して着々と進んでいます。学生を中心として、琵琶湖に関連した生き物などのブロンズオブジェ作品をつくり、樹冠トレイルに設置していくプロジェクトが実施されています。

写真は、ブロンズオブジェを制作してくれる学生さんが、博物館でデザインの基となるスケッチをしている様子です。学生が考えた魚や鳥、植物などのモチーフについて、実際の植物を観察してもらったり、標本をスケッチしてもらったりしています。この作業には、7月にリニューアルオープンした「おとなのディスカバリー」が大活躍しています。それぞれが選んだモチーフについて、標本を目の前でスケッチしたり、学芸員の話を聞いたりしながら、作品のアイディアを練ってもらいました。学生の自由な発想がつまった、ブロンズのアート作品にも注目ください。